ハウスクーリング卒業したら、迷わず多能工にチャレンジ!

~ハウスクリーニングの仕事だけで満足していませんか?~

●同じような仕事をしてるのになぜ収入に差が出るのか・・・

クリーニングは、他の専門職よりも単価が安い分、スピーディーに丁寧に仕事をしなくては稼げません。逆にいえば、素早く丁寧にきれいな仕上がりにしている会社はある程度の儲けがあるかもしれません。

しかし、繁忙期になると多くの受注をこなすためにアルバイトを雇います。すると、余計な経費がかかり、また、施工する仕事には、仕上りに斑が出やすくなります。忙しい時期にはアルバイトの作業の監督をするのも大変です。

そして、工事の完了チェックを依頼元が行い、「仕事が雑だ、クリーニングしていない」とクレームが出ればそれに対応しなくてはならず、逆に経費がかさんでしまいます。すると、売り上げは上がっても粗利益は少ないということも有りえます。

●リーマンショック以降、ハウスクリーニング業界も過当競争の波

リーマンショック以降の不況デフレでハウスクリーニングの価格自体が下がる傾向にあります。その理由について説明すると・・・

  • 不況で空き部屋が増えてきたので物件の費用を抑えたい

  • リストラ等でハウスクリーニングへ職業替えする人たちが増加し過当競争になっている

  • 仲介業者が利益を確保するために、クリーニング業社間の価格競争を煽っている

このような理由があげられます。

このように業社数が増えていますので、業者の淘汰が始まってきています。

●他よりも収入も欲しいならクリーニングだけに特化しない

他のクリーニング屋よりも高い収入がほしいのなら、クリーニングだけに特化せず他の技術も身につけてサービスに付加価値をつける必要があります。

例えば・・・

  • クロス補修

  • 塗装タッチアップ

  • 建付け調整

  • コーキング打直し

  • シャワートイレ取替

  • 水栓取替

  • 各種パッキン交換

  • 電球交換

  • 換気扇交換

  • 他細かい雑工事

 

などです。

 

この中でどれか1つだけでも付加価値がつきますので、受注件数がさほど変わらなくても一件の依頼での売上アップになります。クロス貼りなどのように専門的でなくても、簡単な電球交換や水道廻りなどなら出来ますと自信をもって言えたなら、それでも売上アップになるでしょう。

ですので、過当競争の中では、他人と全く同じ事をやっていても利益はあがらないのです。

自分の技術を磨き、他の専門職の基本的レベルの修繕技術を身につけることでサービス内容を差別化出来て、信用が上がります。そして、それが売上の数字をアップさせることが出来ます。

まずは、何かひとつ新しい技術を身につけることから初めてみてはいかがでしょうか?

●掃除だけでは物足りない方 ... 掃除を経験したら徐々に雑工事へステップアップ!

クリーニングを仕事としている人にとっては多能工になることは「スキルアップ」になります。なぜなら、履歴書に「多能工」と明記すれば採用される確立が高くなり、しかも、より高い売上に繋がります。

このように、「多能工」という資格には高い価値があるのです。

 

当校では、水道パッキン交換、水栓取替、換気扇交換、コーキング打直し、建付け調整など住宅修繕に特化したあらゆるスキルを身につけることができます。

●ただいま多能工のクリーニング屋さん増加中!

最近は、賃貸住宅の空室クリーニング業者もそれだけに特化するのではなく、何でもできるいわゆる「多能工」の方が増えてきています。そういう意味では、クリーニング業者さんはリフォーム業そのものを手掛けているところも多くなってきています。

 

しかし、そのような多能工になるための技術を教えているスクールはほとんどありません。

当校では、賃貸住宅で必要な雑工事のほとんどを教えおり、スキルアップを目指すクリーニング屋さんが「ハウスクリーニング出身の多能工さん」になる支援をさせて頂いておりますので、どうぞご遠慮無くお申込み下さい。

​クロス屋さんの具体的な説明を読んでみたい方はこちら

研修コースについての説明はこちらからどうぞ